2016.04.18

【コーディング効率化術】WordPressでおすすめプラグイン

ノートPC

どーも、塩味です。
皆さんお元気ですか?僕は去年から感じていたおしりの異変も落ち着いてきて一安心です!
(職業柄きっと僕と同じ境遇の人はわかってくれるはず。。)
前置きはこんな感じで、今日もコーディングの効率化をご紹介したいと思います。



僕は最近WordPressを使用する機会が多く色々教えていただきながら手探りながらもこなしております。
なので今回はよく使うプラグインを三つほどご紹介できればと思います。


①Contact Form 7
これがないとWPでサイトは作れないといっても過言ではないと思うほど、有名なプラグインですね!
簡単に言うとお問い合わせフォームを作るために必要です。
基本的には『フォームタグ』というものを設定して、管理画面上にHTMLで組み込みます。
『フォームタグ』にも色々種類やルールがあります。
・テキスト項目 (text, text*, email, email*, tel, tel*, url, url*, textarea and textarea*)
・数値入力項目 (number, number*, range and range*)
・日付項目 (date and date*)
・チェックボックス、ラジオボタン、メニュー (checkbox, checkbox*, radio, select and select*)

普段メールフォームプロなどを使用している方からすれば、そこまで難しくはないと思われます!



②Breadcrumb NavXT
これは動的にパンくずを出してくれるプラグインですね!
ただ動的に出すだけでなく、表示するパンくずを文字数制限ありで呼び出すこともできます!
タイトルが長くて折り返してしまう!という心配もせずに動的に呼び出すことが出来るわけです。



③Custom Field Suite
カスタムフィールドはWordPressを使用する上でほぼ必須なプラグインですね!
簡単に説明すると管理画面上の記入欄に新しく記入エリアを作成し、記入したものをはきだしたり、振り分けたりするプラグインです。
幅広くその場の状況に合わせて設定が出来るのがいいところですね!
個人的には、固定ページにカスタムフィールドを入れhtmlを入れるときにスペースや改行を気にせづに記入できるようにしたり、
投稿で新着情報などを設置する時に、リンク先を記入できるエリアを作成し記事によって外部リンクにしたりする際に使用することが多いです。


まだまだ紹介するべきプラグインはありますが、有名どころ一旦は知っていただければと思います。
次回は詳しい使い方をお伝えできればと思います!

ではでは。。

関連記事