2016.06.01

在宅ワーカー体験談

c52fabafff562f979f48255f19ae50e9

現在注目が集められている在宅ワーク。
仕事をする上で決められた場所や時間が無いので、朝も好きな時間に起きていいし、わざわざ会社に出勤しないで家で仕事もできる、最高のライフスタイル!
と内容だけ聞くと良い事ばかりですが、いざやろうと思うと、自分のスキルで働けるのか、本当に自由なのなど疑問がたくさん。

そこで実際に在宅ワークの経験がある方に根掘り葉掘りお話を聞いてみました。
在宅ワークを検討している方必見!!

在宅ワークって本当に自由なんですか?!

在宅ワークと言えば勤務時間に縛られない自由な働き方、定時出社で労働時間が決められている会社勤めの方にすると夢のような勤務スタイルだけど、それって本当ですか?

もちろん会社勤めの時とは違い、何をいつやるか全て自分で決めることができるので、その日の自分の調子に合わせて自由な時間に好きな場所で仕事を行うことができました。

私はお酒を呑むのが好きなので、夕方は友人と呑みにいけるようにそれ以外の時間を使って仕事をしていましたし、木曜日は1日空けて友達と遊ぶ日と決めていました。
そういった経験を踏まえると時間の自由があるというのは嘘では無いと思います。

しかし、私は副業で無く、完全にフリーランスのみでそこからの収入が全てだったので、頂いた仕事の話はどんどんお請けしていました。
なので、月とかで考えると会社勤めの頃と比べて労働時間は減ったわけでは無いですね。
むしろそのころと比べるとだいぶ増えたかもしれません。駆出しの頃は上手に仕事もこなせなかったし、納品したものの修正も多く、時間の管理が大変でした。

在宅ワークの利点は時間や場所の自由だけにあらず

プライベート同様に時間の管理を自分でできるのが場所や、労働時間が自由な事の肝だったんですね。ただ月や大きいくくりで考えると同じぐらいの労働時間だといわれば納得です。時間や場所を制限されない以外に在宅ワークのいい点あれば教えてください。

在宅ワークのいい点は全ての管理を自由にできること、それは先ほど話した時間の自由だけじゃなくて、仕事の内容も選べるという点です。
在宅を始めた最初の頃は、自分がどんな事を出来て、こんな仕事をしたいというのを分かってくれている友達や知り合いから仕事を貰っていたので、極端に自分の意図と違った仕事は回ってこなかったですね、もちろん駆出しのころは仕事の選り好みは出来ないですが、 極論言ってしまえばやりたくない依頼ならお断りすることも可能です。
そんな友達から紹介して頂いた人のつてで、他のお仕事を頂けたりと、自分と相性の良い人のそのまた相性が良い人といったようにネットワークが広がっていくので、自分に全く合ってない仕事がきたりしない点に関しては、仕事を自由に選べるといっても過言ではないんじゃないでしょうか。
でも逆を言えば人脈をうまく気づけない人は自分が意図していない仕事も来てしまうし、仕事をとってくると言う段階で躓いてしまうかも知れないですね。

在宅ワークって実際儲かるの?

仕事の取捨選択も自由!素晴らしいですね。仕事を受ける、受けないを選べるという点は、会社勤めの僕からすると考えもしませんでした。そんな良いことばっかりの在宅ワークですが、やっぱり気になる所はお金の話。ずばり儲かるんですか?

さっきのお話と同じような事になってしまうんですが、ここも自分で全て管理する事が出来るので、もらえる金額の上限の成約は無いと思いますね。
これはそれぞれの働き方や、どれぐらい稼ぎたいのかによって仕事のとり方が変わってくると思うので。
私の一番最初の仕事は特集ページ7Pで3万円というお仕事で、今考えるとかなり破格ですが、その頃は極力断らず何でも請ける精神だったので(笑)
でもそうやって仕事をする中で自分のスキルとそれに見合った報酬金などもわかってきて、お金についてもシビアな考えを持つようになりました。
今月は18万円だったけど来月は仕事に当てる時間を増やして60万稼ごうって自分で決めて稼ぐ事ができる。
自分次第で収入を変えることが出来るのも会社勤めの人と違って在宅ワークのメリットなんじゃないかと思いますね。

もちろんいい話ばっかりじゃありません。

自由な場所で、自由な時に、好きな仕事をして、やればやるだけお金がもらえる。まさに良いこと尽くめ。そんな在宅ワークですが、もちろん苦労する点もありますよね?

沢山ありますね~
何度も同じ話になってしまうんですが、全て自分で決める事ができるということは、自分が決めなければ誰も決めてくれないし責任も全て自分にあって管理をするのも自分しかいないので。
納期が近い仕事が3つぐらいあった時に食中毒的なものになった時に本当にやばかったですね。その時は、やっぱり前倒しで仕事をしなければいけないと思いました。社会人だった場合は、会社の誰かが代わりにやってくれたり、万が一収まらなかったとしてもお給料がなくなることはありませんが、自分でやっていると、代わりはいないし、治らなければ報酬が1ヶ月ずれる、なくなるということにつながるので病気は恐怖でした。

あとはやっぱり人脈作りですかね、自分を信頼して依頼や紹介してくれる人がいないとそもそも仕事が無いって事にもなりますし、会社のように上司や同期がいないので困ったことは気軽に相談できない。
技術的なことじゃなくても常に問題が山積みなので、自分一人の力で解決するのは至難の技で、個人の時は同業種の友達や先輩、お世話になっている社長さんなど、とにかくいろんな人の力を借りました(笑)
そういう人に相談できない時は本当に辛かったです。


やってみるまでわからなかった在宅ワーカーならではの苦労。

ううん、、やっぱりいい事ばっかりじゃないですね。会社じゃ良い意味でも悪い意味でも自分の代わりがいるけど、在宅ワークではそれが無いのがつらいですね。他に実際に在宅ワーカーになってみて気づいた事はありますか?

実際在宅ワークをしてみて感じたのは、営業のスキルが無いことですね。
在宅ワークを検討している方で技術的なスキルが足りるか心配してる方も多いと思いますが、知識や技術に関しては調べればわかるし、横のつながりがあれば協力を仰ぐことも出来る。
最悪自分では手に余る案件などは、その案件に向いている在宅ワーカーをご紹介するなど、技術が無くても仕事をこなす方法はいくらでもあります。
でも本当に知識がなくて困ったのは、 依頼された内容を具体的な作業に落とし込んで自分の仕事にすること。
つまりクロージングの技術、仕事を自分の物にする力ですかね。
そういった事は誰も教えてくれないし、技術者として働いていた人は学ぶ機会も無いと思いますしね。
今はクラウドソーシングのサービスが充実しているのでそれを活用してもいいと思うけど、在宅ワークで食べていこうと思ってる方は、いつかぶつかる壁だと思いますね。

仕事を決める力の延長の話じゃないですが、依頼をしてくれたお客様にwebの知識が無いと、やりたい事はあるんだけど形にはなっていないという人も少なくありません。そういったお客様の考えを形にするのが難しくて、ずるずるMTGを重ねて結局依頼しないという事になってしまうと、時間だけを使ってお金も受け取れないということになってしまう。

他には、請求書とか見積もり書とか、契約書とかそういう類のものはいまだに苦手。会社にいた頃は経理の方がやってくれていたけど、在宅ワークだと自分でやらなければならないし、絶対に必要だからやらないわけにはいかない。忙しくなると請求書が出せなくて、入金も遅れて、、、と悪循環になるので、、、
あと書類じゃないですけど、年金や保険、源泉徴収など会社にいた頃は会社がやっていてくれた事が出てきて、これも必要だから自分で調べてやらなければならなかったので苦労しました。
ある程度仕事が回るようになってきたら、知り合いや、業者に依頼するのをお勧めしますね。



在宅ワークの一番怖いこととは、、、、

会社が請け負ってくれていた役割を自分でこなさなければならないという点は在宅ワーカーならではの悩みですね。ここまで在宅ワークで苦労した点お聞きしましたが、在宅ワークで成功するためにここだけは気をつけろって所はありますか?

在宅ワークで一番怖いことは、決して安定しないこと、保守のような仕事を請ければ3ヶ月間安定した収入などに繋がるが、それ以外はいい人脈ができて仕事を継続的にもらえていても常に次の畑を耕しにいかなければならない。私の場合は1度でも関わってくれた人に、1ヶ月に1回は忘れられないように連絡はしていました。
その人が毎月仕事をくれるわけじゃないですが、良い関係を築けていれば3ヶ月に1回は仕事くれる。そんな人が何人もいれば定期的に仕事が入ってくるようになるので。
在宅ワークで食べていける方は、仕事の窓口を広げて依頼して頂いた案件を的確に仕事にできる力を持っていて、依頼の内容が自分じゃ役不足な内容であっても、自分に出来ることでお客様の問題を解決できるように誘導して自分の仕事にできるする方がうまくやっていけるんじゃないでしょうか。

在宅ワークをする上で一番大切な事

有難うございます。ここまで在宅ワークの良い所悪い所聞いてきましたが、最後に在宅ワークをする上で一番大切な事があればお願いします。

今は在宅ワークといっても、副業として自分の収入のプラスアルファのためのものや、旦那さん働いている中で少しでも家の足しにするため、がっつりフリーランスとして生きていくためにやる場合や、いずれ起業するためのスタートだったりと色々な目的があると思いますが、どれにも共通しているのがしっかりと長期的なプランを立てる事。
自分が何のために働くのかや在宅ワークでいくら稼ぎたいのかなどを明確にすることで、どのように仕事をしていくかが決まると思うし、最終的な目標や自分の理想の姿をしっかりと持つ事が一番大切かと思います。

関連記事