2016.06.28

苦手な家事No1は?時短家事テクで仕事時間を確保せよ!

1212c9d30ac286e674017ceaca8965e7_s

毎日の家事に頭を悩ませている在宅ワーカーも多いのではないでしょうか。みなさんはどの家事が一番苦手でしょうか?

株式会社リクルートスタッフィングは子供をもつ働く女性444名を対象に家事の悩みを調査、その実情が明らかになりました。

参考:ウーマンエキサイト「働くママは掃除が苦手? 自動化できない「要時間」家事のナンバーワンは」

苦手な家事は「掃除」「アイロンがけ」「料理」

アンケートで「苦手だと感じる家事」第一位は37.8%の「掃除」となりました。

僅差で二位となったのは「アイロンがけ」で37.4%。三位は「料理」の24.5%でした。

やはりみなさん掃除が苦手のようです。

小さいお子さんがいる家などは特に、キレイな部屋をキープするのも難しいものです。片付けたそばから散らかされることも多く、掃除を放棄したくなる心境になってしまいますよね。

対処法=軽い家事を何かの“ついでに”やっつける

やらなきゃと認識するとますます逃げたくなる家事。少しでも家事へのマイナス心を軽くするコツをご紹介します。

それは…「他のことをしたついでに軽い家事から行う」というものです。

たとえば

・リビングで休んでいるついでに、コロコロでカーペットのホコリを取る

・台所を横切ったついでに、溜まった食器のコップだけ洗う

・トイレ使用中に、汚れている箇所をペーパーでふく

家事をスモールステップ化することで心の負担を軽くさせ、“ついで作業”にすることで取り掛かりやすくなります。次はここをやろう、あそこをやろうと気分がノッてくれば、苦手な家事も楽に終わらせることができますよ!

多少ためても大丈夫!“忙しい時は家事をしない”の割り切りも大事

職場に行って仕事する場合、家事を放置していても気にはなりにくいですが、在宅ワーカーはそうはいきません。

散らかり放題の部屋で、やるべき家事が山積みになっている状態がどうしても目に入ってしまいます。仕事に没頭できずゲンナリしてしまうことも。

忙しいときは仕事を優先、一段落つくまで家事はお休みしましょう!

あらかじめ「忙しいから家事できない」宣言をし、家族に手伝ってもらうことも手です。

あれもこれもと頑張りすぎず、賢く乗り切りましょう!

関連記事