2016.07.20

子育て世代にオススメ!時間に拘束されない職種3

69e1c7ec8f0328f28b145df3e9c4caea_s

成長するにつれ、さまざまな出費が出てくる子育て世代。
とはいえ、子供がまだ小さい場合フルタイムの仕事に出るのもまだ主婦には負担が大きいものです。

在宅ワークはそんな子育て中の主婦が一度は考える仕事のスタイル。

一体どのような職種を選べばよいのでしょうか。

スキマ時間にこなす!子育て中の主婦に合う在宅の仕事は?

子供を第一に優先させる子育て世代。そんな世代に合う在宅ワークは、“時間が制限されない職種”がおすすめです。

1)商品やアンケートのモニター

モニター募集サイトに登録し、感想やアンケートについて回答することで謝礼という形で収入を得ることができます。報酬額が低いためあまり収入源とまではいきませんが、時間を気にせず、気になる商品を試すメリットもあります。報酬額の高いアンケートを数多くこなしていくのがコツのようですよ。



2)写真素材販売

ホームページや広告で使える写真素材を撮り、素材サイトで販売する仕事です。子供の写真を撮るついでに、木や花、景色などの写真もついでに撮りためていけば、商品として登録することができます。

WEBやチラシでどんな素材が使われるか研究したり、どう余白を残して被写体を撮影するかなどのセンスが必要となります。


3)ブロガー

ブログの記事で商品を紹介するブロガーは、楽しみながらできる仕事のひとつで、同時にライティングの技術も磨けます。大きな収入を稼ぐプロブロガーになるのは難しいかもしれませんが、ポイント等お小遣い稼ぎに捉えるとよいでしょう。
常に読む側を考慮しながら、わかりやすい文章を書くのがコツのようです。

これだけは避けたい!主婦が避けたい在宅の仕事とは

仕事が忙しくて、家事や育児をおろそかになってしまうことは主婦としては避けたいもの。

・時間指定で行う仕事

子供が小さいとスケジュールも変わりやすいもの。「○時にサイトをチェック」などの時間指定の仕事は避けたほうがよいでしょう。

実は筆者もこういった仕事の経験があるのですが、「急な用事で出来なかった」や「疲れてうっかり寝すごしまった」という危険性があるのです。

なんどうっかり寝そうになったことか…。逆にストレスが溜まったのは否定できません。


・納期が短いが報酬が高い仕事

「急募!2日以内」というような緊急の仕事は単価が高めですが、家事・育児と両立することが難しくなるでしょう。

納期まで時間がないとイライラしがちです。またそういう時に限って子供が病気になったりするので、避けたほうが無難でしょう。

まとめ

育児中はどうしても自由な時間が限られてしまいますよね。
限られた時間だからこそ、自分自身に負担のない仕事を選ぶことが大事です。

無理なスケジュールの仕事は、その後も長く続けることが難しいでしょう。
楽しみながらできる自分に合った仕事を探してみましょう!

関連記事