2016.09.28

WEBデザイナーを目指したい人に、独学でスキル習得するためのコツ

05e4597f97c9f455e567e9422c3d5a21_s

在宅で仕事をしたい!でもどの仕事が自分に合うんだろう?

…と悩む方も多いのではないでしょうか。

もしWEBデザイナーについて興味があり、やってみたいと思う方のために、独学でもできるスキルを習得するコツをご紹介します。

まずはブログのテンプレートをカスタマイズをしてみる

WEBデザイナーへの入り口は、まず自分のサイトを作ることです。

まったく何も知識がない…という場合、一から自分で作り上げるのにはとても大変になってしまうので、「ブログのカスタマイズをやってみる」という方法がおすすめです。

無料で作れるブログサービスでかまいません。自分の好きなテンプレートをチョイスします。
そこから、ちょこちょこ自分の好きなレイアウトやデザインにカスタマイズしていくのです。

これなら最初はHTMLタグやCSSの知識があまりなくても大丈夫。

“タイトルを自分の好きな(または作った)画像にしたい”という部分的な修正を施していくことで、
徐々にスキルアップしていくことができます。

すべて自分が作ったテンプレートに作り替えることができれば、HTMLやCSSの知識もより増えていることでしょう。

他のサイトをたくさん見て、よく研究する

「このサイト、カッコイイ!」
「見やすくてわかりやすい!」
「色使いがきれい!」

そんなお気に入りのサイトがあったら、どういう風に作られているかよく研究してみましょう。


いろんなサイトを見て研究するということは、初心者に限らずベテランにとっても大事なことなのです。

このような方法でやってみてはいかがでしょう。


・カッコイイサイト

…ブラウザから対象ページを保存し、どういった作りになっているか、HTMLタグやCSSコードの中身を調べてみるのがよいでしょう。


・見やすくてわかりやすいサイト

…見やすいサイトは文字や画像のまわりにある余白の使い方が上手なものが多いです。

どのくらい余白をとってあるか、画像と文字の間隔がどのくらいあるかCSSをチェックしたり、
グラフィックソフトで調べてみるのがおすすめです。


・色使いがきれいなサイト

…画面キャプチャーを取り、グラフィックソフトでどんな色を使っているか、ところどころカラーをピックアップしてみましょう。
 実際にその色使いで作ってみると、新たな発見も。参考になりますよ。

まとめ

いかがでしょうか。

上記の方法で知識を増やしていき、そして自分のサイトを作ってみることが一番スキルアップできます。

少しずつでもコツコツ積み重ねていけば、気づいた時には結構大きな知識の山となります。

WEBデザイナーの道が開けてきますよ!

関連記事