2016.10.20

ベテラン在宅ワーカーが教える「仕事の集中力を上げるテク3」

IMARIC20160805310323_TP_V

在宅ワーカーの皆さん、仕事があまり捗らなくて悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

やる気が出なかったり、時間がかかりすぎてしまうなど、モチベーションが低下しているときは仕事が進まないのでストレスを抱えがちです。

散漫している集中力をアップさせ、仕事を片付けられるコツをご紹介します。

まずは30分だけ─仕事に時間制限を設ける

在宅ワークはきっちり時間を意識しないで空き時間で仕事することができます。これはメリットではありますが、ダラダラと時間ばかりがかかってしまいがちです。

そんなときは30分ごとに作業時間を区切るのがオススメです。

よーいスタートで30分のタイマー設定。

この短い時間だけ集中しましょう!

そして30分間でも着手すれば、作業が前進し気分がノってきます。

時間や手間がかかる、めんどくさい、などの理由で放置ぎみの仕事ほどトライしてください。短い時間だから、重い腰を上げずに済む「お試しタイム」みたいに考えると気分も楽です。

やってみると、思ったほど面倒じゃないと気付いたことも。食わず嫌い系のワーカーさんにぴったりです。

余計なことを考えない!直前の1つのことだけを考える

他のことは考えず、脳内にタスクを一つだけ意識するようにしましょう。直近に締め切り日がしまっている仕事のことだけを考えるのです。

とても基本的なことですが、思っているほどできないものです。

「部屋が汚い…掃除しなきゃ」
「今日の晩御飯どうしようかな」
「あの仕事もこの仕事も今日締め切りだ…!」

そんなことが頭をよぎってきますが、無視するのです。
ちょっとくらい部屋が汚くても、おなかがすいてもたいしたことはありません。

締切が重なっていても、直前のタスク1つだけでいいのです。気分が楽になって早く片付き、すぐに次に取り掛かることができますよ。

本気で集中力アップさせたいなら、カフェ等で仕事をしてみる

家ではない、いつもと違う場所で仕事をしてみましょう。

緊張感を保て、意識を集中させやすいです。

周りは自分のことを見ていませんが、「人の目がある」という気持ちを持つことが集中力をアップさせるのかもしれません。

ただ子供が小さいときは外に出にくい状況かもしれませんね。

時には外で仕事をしてみるのもリフレッシュになり、仕事とはいえ一人の時間を持てるので気分転換になります。

筆者も子供が小さいときに、外に出る時間や自由がないため在宅ワーカーという道を選びましたが、イザというときは託児所に子供を預け、カフェなどで仕事をしていました。

家から離れると、そのぶん家での生活を大事にしようという気持ちも芽生えたので、うまくリフレッシュできていたのでしょう。

行き詰まりを感じている方にオススメですよ!

関連記事