2016.11.08

11月はテレワーク月間!テレワークに向いている人3つの特徴

b9ae4ceb2240eecc278543216d0decba_s

「テレワーク」ってご存知ですか?

今月11月1日から1か月間、テレワーク月間となりました。

まだ名前を聞いてもピンとこない「テレワーク」。
在宅ワークと言葉の響きが少し似てますが、どういうものなのでしょう。

そもそもテレワークって何?

テレワーク (Telework) は勤労形態の一種で、情報通信機器などを使ってオフィスとは離れた場所で仕事を行う形態のことです。時間や場所の制約があまりなくフレキシブルに働けることがメリットです。


そのテレワークを広め、様々な総務省、厚生労働省、経済産業省等の各省庁および民間事業者からなる「テレワーク推進フォーラム」が、2015年より普及活動を行っています。

テレワークは在宅勤務や個人事業主、フリーランス、在宅ワークなども含まれています。

テレワークで働くことのメリット、デメリット

家で働くことのメリット・デメリットは、以下が挙げられるでしょう。

メリット

・仕事の時間が自由、
・仕事場所はどこでもOK
・プライベートな用事に対応しやすい

デメリット

・だらけてしまったり、仕事時間が長引きやすい
・周りの仕事状況を把握しにくい
・コミュニケーションを密にする必要がある

時間や場所に縛られずに仕事できるテレワークですが、このようにデメリットもあります。

では、どういった人がテレワークに向いているのでしょう。

テレワークに向いている人の特徴はコレ!

1)時間管理ができる人

…在宅での仕事は誘惑がいっぱい。何時に起きても、ながら作業をしていても、昼寝をしていても、それをとがめる目はありません。時間管理や自己管理ができる力が必要となるでしょう。


2)連絡報告相談をメールやテキストでまめにできる人

…その場にいないのは、勤務側が状況を把握できない状況となり、業務の流れがうまくいかない危険性も出てきます。積極的に仕事の状況をうまく説明できる人が向いているでしょう。


3)しゃべらなくても寂しくない人

…メールなどの連絡のやりとりは発生しても、ちょっとした雑談や意思疎通はできません。同僚や上司とのコミュニケーションができなくてもそれほど苦ではない人は向いていると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
あなたはテレワークに向いている派ですか?

「自分は自己管理ができる!」と言い切れる人はなかなかいないと思います。
筆者のように自由な時間を優先したいがために、自己管理力を上げるべく悪戦苦闘する、でも十分だと思います。
チャレンジしてみませんか?

関連記事