2016.01.18

目を酷使する在宅ワーカー必見!冬の疲れ目にすぐ効く3つの回復方法

HE080_L

PCやスマホを使用する現代人は、目を酷使しがちです。
電子機器を使いこなしたり細かい作業を必要とする在宅ワーカーは、疲れ目の影響があると仕事の効率が下がってしまいます。

また特に冬は空気が乾燥するため、目の周りの血行不良が起きやすいとのこと。

眼精疲労をケアして、日々のタスクをこなせるようにしましょう!

即効性バツグン!ツボ押しで疲れ目カンタン解消

目がかすんできたり乾いてきたときに、ツボ押しで簡単に回復できます。疲れ目におすすめのツボをご紹介します。

・眉毛のツボ3カ所(攅竹(さんちく)・魚腰(ぎょよう)、糸竹空(しちくくう))

この眉毛のツボを指圧すると、神経を休めることができ効果的です。

knack_img03両手の人差し指・中指・薬指で3つのツボ「太陽(人差し指)」「魚腰(中指)」「攅竹(薬指)」を同時に押さえます。 1分間ほどやさしく圧迫してください。人差し指をできるだけ垂直方向に押さえるのがポイントです。


魚腰(ぎょよう):眉毛の真ん中あたり
攅竹(さんちく):眉頭のくぼんだ部分
太陽(たいよう):眉尻と目尻の中間地点から親指の横幅くらい外側のくぼんだ部分

出典:参天製薬「今すぐ役立つ目の豆知識|疲れ目を防ぐ3つのコツ

温めて癒す!蒸しタオルや温めグッズで目の周りの血行を促進

パソコンやスマホを見ると、まばたきが普段の約1/4の回数となることが報告されています。まばたきが減ることで涙が蒸発してしまい、ドライアイなど慢性的に目の不快感や疲れの原因となってしまいます。

そんなときはこちらが効くそうです。

・蒸しタオルを目に置いて温める

…水につけてしぼったタオルを電子レンジで20~30秒あたため
蒸しタオルに。10分ほど目の上に置けば、眼の筋肉が温まり効果的です。
アロマオイルを1~2滴垂らせばリラックス効果もプラスできますね。

・市販グッズ「温めるマスク」を利用する

…やはり市販の温め系グッズは蒸しタオルの準備不要ですぐに使えて便利。蒸気が出る使いきりタイプや、電子レンジで温めて繰り返し使えるタイプなど種類豊富です。

近くと遠くを交互に見る!ピント調整力を鍛える目の筋肉トレーニング

パソコン等近くを長時間見ている場合、ピントを調整している「毛様体筋」という筋肉が緊張状態となり、目が疲れやすくなります。

遠くと近くを交互に見る方法でこの疲れ目を予防できます。

こり固まってしまった毛様体筋をほぐし、ピント調整力を整えることができます。

パソコンの作業中にそのままできるのでオススメですよ!


【毛様体筋疲労予防トレーニング】

1)まずモニター上部を5秒ほど見る

2)部屋の遠く(もしくは窓の外の景色)を5秒ほど見る

※1と2を3~5回繰り返す

どうぞお試しあれ!

関連記事