2016.01.28

マイナンバーでe-Taxが利用できる?フリーランスのための確定申告

f963aa212cf4e28a9bbb78049e6c2c4c_s

忙しい在宅ワーカーやフリーランスにとって憂鬱な確定申告のシーズンが近づいてきました。

ネット経由で確定申告できるe-Taxが使えたら、わざわざ税務署まで出向く必要がなくラクでいい…そう思う人も多いはず。

今までe-Taxは、事前に市区町村で住民基本台帳カードなどの電子証明書を発行、さらにICカードリーダーを用意して接続する必要があります。「利用するまでの事前の手続きが面倒」との意見が多く、敬遠されてきました。

マイナンバー(社会保障・税番号)制度が開始されている現在、e-Taxで使えるなら事前手続きも簡略化されるはず。

どのようになっているのか、調べてみました。

まだ簡単じゃなかった…写真入りの「個人番号カード」を申請・交付する必要あり

昨年秋から送られてきたマイナンバーのカード、じつはこれは「通知カード」という、単に個人番号を知らせるだけのものです。e-taxで使用するには、プラスチック製のICチップ付きカードで顔写真が入った「個人番号カード」のほうを申請・交付をしなくてはなりません。

やはり事前手続きは必要で、すぐに使えるわけではないのです。

申請はスマホやPCからでも出来ますが、受け取りは市区町村の窓口。また、実際に受け取ることができるまでに15日ほどかかるとのことです。

依然、簡単な手続きとは言えないようです。

やっぱり魅力的!e-Taxのメリットは時間節約!

とはいえ、やはりe-Taxは便利な点が多く魅力的です。

・ネットで提出できるので、税務署に出向くまでの時間節約ができる

…忙しい時間をぬって出しに行かなくてもいいのは嬉しいですね。

・医療費の領収書や源泉徴収票など添付書類の提出省略できる

…書類が多いと貼るのもひと苦労。慌てることもありません。

・e-Taxでの還付申告はスピーディに処理される

…早く還付されると嬉しいものです。

・24時間受付だから税務署が閉まっても安心※

…税務署では昼休みを挟んだり受付時間も短いので、都合がつきにくい人には助かります。

(※)3月15日(火)の24時を過ぎると申告期限後に提出されたものとみなされてしまうので注意が必要です。

まとめ

e-Taxを利用するには手間と時間、ICカードリーダーの初期費用がかかりますが、最初だけと割り切ってしまうのが勝ちかもしれません。
筆者は電子証明書の交付手続きが面倒だと思い、10年間税務署まで通っています。しかしよく考えれば通うこと自体が面倒で、毎年3月に必ず「e-Taxにしておけばよかった…」と後悔しています。

最初だけ面倒な手続きをやるだけにするか、毎年面倒だと思いながら税務署通いをするのか、どちらがラクだろう…そう比較して考えるのもいいかもしれません。

出典
国税庁「e-Taxならこんないいこと」
「個人番号カード 総合サイト」

関連記事