ランサーズを活用する

ランサーズとは?

ランサーズは、ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシング提供サービスとしては国内で最も歴史あるサイトです。2008年から運営をはじめ、規模は日本最大級。10万社を超える企業から、140カテゴリの仕事が集まっています。仕事を任せたいワーカーを探す企業と、仕事をしたいワーカーをつなぐ仕事マッチングサイトです。


スクリーンショット 0028-08-05 午前11.49.14

ランサーズ
http://www.lancers.jp/

ランサーズにはどんなお仕事があるの?

国内最大級のクラウドソーシングサイトなのでお仕事の種類もホームページ制作、アプリやシステム開発、ロゴやイラスト作成、ライティング、タスク・作業など、141カテゴリとかなり幅広い種類の案件が常時登録されています。

ただし、案件のレベルも中〜上級のものが多く、これから在宅で仕事をしようと考えている人がいきなり活用するには少しハードルが高い印象です。ワーカーの数も多く、お仕事を受注するにも競争率が高いので、スキルやポートフォリオなどを充実させ、クライアントに選ばれる努力もある程度必要です。


スクリーンショット 0028-08-05 午前11.59.46

全141カテゴリの案件が常時発注

オンラインだからこその安心への取り組み

ランサーズはオンラインで仕事を進める上での不安な点をあらゆるルールで解消しています。ただし、仕事を発注するクライアント側のリスクを回避するためのルールが強く、他のクラウドソーシングサービスよりも仕事の受注〜継続的なお仕事のハードルはやや高い印象です。

①トラブルを防ぐ仮入金制度
クライアント側が仕事を発注する際にランサーズへ入金をし、ワーカーが作業を完了した後にランサーズ側からワーカーへ報酬が振り込まれます。
報酬を支払ったのに納品されない、納品したのに報酬が支払われないといったクライアント側とワーカー側双方のトラブルを未然に防ぎます。


スクリーンショット 0028-08-05 午後0.17.58

ランサーズの入金のタイミング


②評価制度
実績や評価、セキュリティなどの視点から5段階で公正にランク付けを行うことによって、信頼度を可視化しています。
お仕事の完了後、コミュニケーションや返信の速さ、提案の満足度などが評価されるので、責任をもって最後まで案件に取り組む必要があります。

③本人確認制度
ユーザーの住所等の情報記入だけでなく、電話でも本人確認を行っています。契約時にNDA(秘密保持契約)を結ぶこともあるので、この点でも個人情報や依頼情報の漏れに注意する必要があります。

④管理体制
サービス全体の監視体制を整っており、24時間体制でサポートを行なっています。お仕事を進める上でトラブルが合った場合にも安心して相談が可能です。

様々な仕事マッチング法

ランサーズでは、クライアントは「プロジェクト方式」「コンペ方式」「タスク方式」という3つの方式で仕事を発注することができます。

▼プロジェクト方式
クライアント側は、依頼したい仕事に対する計画を募集することができます。計画を採用されたワーカーがそのプロジェクトを担当し、クライアント側と連絡を取りながら作業を進行します。計画が一つ完了するごとに報酬を受け取ることができます。システム開発など、調整しながらの進行が必要な仕事が主に発注されています。

▼コンペ方式
クライアント側は、欲しい成果物に対して不特定多数の成果物の提案を受けることができます。クライアントはその集まった提案の中から最も気に入ったものを選び、ワーカーは選ばれた段階で報酬を受け取ることができます。デザインなど、成果物で完結する仕事が主に発注されています。

▼タスク方式
クライアントは行ってほしい作業を発注し、不特定多数のワーカーがその作業に取り掛かります。作業完了後、その成果物をクライアントが確認し、承認されたワーカーが報酬を受け取ることができます。データ入力など、単純作業が必要な仕事が主に発注されています。


スクリーンショット 0028-08-05 午後0.41.59
3タイプのマッチング方式


ランサーズの豊富な仕事のカテゴリと3タイプのマッチング方式で、あなたの得意分野や仕事スタイルに合った仕事を探してみましょう。

ランサーズへの登録はこちら

関連記事