2016.05.30

在宅ワーカーの必需品!大事な書類を保管・廃棄するアイテム5

158a0b104e801f7df0695c558442b91b_s

在宅で仕事をしていると、個人情報が入った書類や取引先の機密情報を預かるケースがでてきます。

こういった書類は、たとえ家であっても厳重に扱う必要がでてきます。

書類を保管する際に、一番警戒しなくてはいけないのはなんでしょう。

紛失でしょうか?それとも盗難?

その心配がまず真っ先に頭をよぎりますが、「引き出しを開けたがるまだ小さい我が子」も可能性があります!

筆者の場合は、大事な書類を子供の手の届かないところに置いて工夫していましたが、うっかり他の書類にまぎれてしまうこともしばしば…。いざ使うときに見つからず、探しまわったことが何度もありました。

今回はそんなことにならないよう、大切な書類の整理に役立つアイテムをご紹介します。

大事な書類は鍵をかけて保管!いろんなタイプの鍵付き収納グッズ

一番スタンダードですが、鍵がついたキャビネットを利用するのが便利ですね。


小物からファイルまで引き出しに入っているものすべて出せないようにロックができます。
ただ鍵の保管場所は忘れてはいけませんので、ご注意くださいね。

キャビネットならすでに持っている、という方にはこちらはいかがでしょう?
ケース自体に鍵がついているタイプです。


南京錠がついているのでカギの保管なくロックすることができます。ただ、あからさまに南京錠が見えていると逆に目立ってしまうので、見えないように裏側にして保管するのがよさそうですね。

書類だけでなく、ハンコや通帳などの保管にもぴったりなのがこちらの鍵付きポーチ


価格も手頃なので、パスワードのメモなどを保管にするにもよさそうです。

シュレッダーやスタンプで、個人情報の洩れなく廃棄処分!

保管期間が終わって廃棄したい書類は、きっちり情報がわからないようにする必要があります。

そこで、シュレッダーがおすすめです。より細かく裁断するクロスカットタイプがよいでしょう。


不要になったクレジットカードも裁断できるものもあるので、とても安心ですね。

住所や氏名だけ見えないようにして廃棄したいという方には、もっと手軽なのがこちら!

インクを上塗りして情報を消すタイプのローラー式スタンプがあります。


コロコロと転がすだけで、見られたくない情報を隠せます。消したい情報が少なくシュレッダーをためらう場合、手軽に使うことが出来ておすすめです!

関連記事