2016.03.14

【在宅ワーク史上最高にピンチだったこと】思いがけず妊娠!

pregnant-775036_640

これから在宅ワークを始める方や、すでにお仕事されている方からも、他の在宅ワーカーさんの仕事ぶりや体験談を知りたい!というお声を多く頂いています。ということで、こんなコーナー作りました!《在宅ワーカーの生の声集めました!》毎回お題に沿って、現役在宅ワーカーさんにエピソードを募ります。記念すべき第1回目のお題は「在宅ワーク史上最高にピンチだったこと」今回はKumiko starsさんのエピソードをどうぞ!

《在宅ワーカー プロフィール》
名前:Kumiko starsさん 年齢:30代 女性
在宅ワーク歴:1年半
主な仕事:ライティング

会社勤めから在宅ワーカーに。収入が不安定なため頑張りすぎて…

夫と生まれたばかりの子供と三人暮らしの30代前半の女性です。
結婚後に開始した在宅ワークはライティング系を中心に一年半ほどの経験があります。

私が在宅ワークを初めて一番ピンチだったこと、
それは思いもがけないタイミングで子供を授かったことです!

結婚後も独身時代と変わらず仕事と趣味を続けながら自由にマイペースに過ごす予定だった私。
ところが結婚して一年も経たないうちに妊娠が判明したのです。

私がさせて頂いてきた在宅ワークはどれも継続型のもの。
数か月,ものによっては一年という契約でのお仕事をさせて頂いていたのです。

妊娠を希望する人はまずは単発案件から

妊娠・出産となるといくら在宅で仕事が出来るとはいえ弊害が出てきます。途中で急な入院などといったトラブルが起きることもあり得ます。私自身は入院まではいかなかったものの悪阻が重かったためにPCに向かえないような期間もありました。

契約させて頂いているクライアント様に急遽伝えご理解いただけたことと、たまたま契約が出産の直前までのものばかりだったこと、そして私自身が緊急入院などのトラブルが妊娠期間中になかったことが幸いし大事には至りませんでしたが、たまたま偶然のラッキーが重なったからだったと思います。

妊娠を希望されている方は単発でのお仕事を引き受けられることを心からお勧めします。

関連記事