2016.04.04

【在宅ワーク史上最高にピンチだったこと】詐欺まがいのもの在宅ワーク

これから在宅ワークを始める方や、すでにお仕事されている方からも、他の在宅ワーカーさんの仕事ぶりや体験談を知りたい!というお声を多く頂いています。ということで、こんなコーナー作りました!《在宅ワーカーの生の声集めました!》毎回お題に沿って、現役在宅ワーカーさんにエピソードを募ります。記念すべき第1回目のお題は「在宅ワーク史上最高にピンチだったこと」今回はSACHIsssさんのエピソードをどうぞ!

《在宅ワーカー プロフィール》
名前:SACHIsssさん 年齢:40歳 女性
在宅ワーク歴:9年
主な仕事:ライティング

在宅ワークを探していると…

子供が小さかったこともあり、中々外で働くことができず、空いた時間を有効活用しようと在宅ワークを探しました。
家でできる仕事なんてそんなにないよと周りから言われていましたが、在宅ワークを調べてみると結構ありました。
しかも年齢、経歴不問。パソコンが少しでも打てれば働けるというのが多く、これなら私もできる!と安易に考えたんです。

本当は家で作業するような内職をしたいなと思っていたんですけど、そういった業種のものはなかなか見つけることはできませんでしたし、商品を納品したりする作業もあるので自宅周辺となるとさらに厳しいんです。そして一番初めに見つけた在宅ワークが資料請求するというもの。無知な私は無料の資料請求をするだけならいいかと資料請求をしたんです。すると後日担当の方から電話がかかってきて在宅ワークについていろいろ説明されました。すると最初にいくらか費用がかかるとのことでした。

詐欺まがいのもの在宅ワークに注意

そんなに大きな金額ではないので登録料と考えると払ってしまいそうになるんですが私はひとまず保留にしたんです。そして後日またいろいろ調べてみると在宅ワークを語った詐欺まがいのものがたくさんあることを知りました。
登録しなくて良かった!と信用できる会社を探して在宅ワークを開始し、現在は信頼できる会社というのがなんとなくわかるので数本かけもちでライティングの仕事をしています。

ただ最初に資料請求した会社からは実は9年たった今でも電話がたまにかかってくるんです。その都度早々にお断りしていますが、初めは結構頻繁に電話がきたりして家族にも変なところで働いているんじゃないかと怪しまれピンチでした。

関連記事