基礎知識をつける

ここまでで在宅ワーカーになることのメリット・デメリット、キャリアデザインなど、自身が在宅ワーカーになるということについてイメージができてきたでしょうか?では、この項では在宅ワーカーを取り巻く環境についての知識をつけていきましょう。
在宅ワーカーのお仕事探しにはいくつか方法があります。例を挙げてみます。

・情報サイトや新聞・チラシなどの求人広告に応募する
・SOHOエージェントを利用する
・セミナーなどに参加する
・過去の勤め先や知人などからの紹介を受ける

それぞれ特徴はありますが、求人を探す際に、かかる費用・時間に対して得られる求人情報が一番多いのは在宅ワーク情報サイトではないでしょうか。
幅広い情報が集まり更新されていく情報サイトは、ワーカーの心強い味方です。在宅ワーク情報サイトも多種多様に存在しています。

様々な在宅ワーク情報サイトが存在する

在宅ワーク情報サイトは、業務内容や対象とするワーカー層などそれぞれ性質が異なり、扱う求人も違うもの。ここでいくつかオススメしたいサイトをピックアップしてご紹介します。

TEAMWORKERS (チームワーカーズ)
株式会社ヘノブファクトリー運営。
「サイト運営」に関する求人を主に扱い、基本月額固定でワーカーと仕事をつなぐ在宅ワーク発注サービス。


mama works(ママワークス)
株式会社アイドマ・ホールディングス運営。
在宅で電話営業をするテレアポインターの求人を紹介。主婦向け在宅ワーク情報サイト。


Lancers(ランサーズ)
ランサーズ株式会社運営。
仕事に対して様々な方式で最適な在宅ワーカーをマッチングさせるクラウドソージングサイト。


shufti(シュフティ)
株式会社うるる運営。
事務作業、ライティング、ビジネスサポートなど、企業とワーカーの在宅ワークマッチングサイト。

自分の希望する働き方・業務内容に合いそうなサイトをチェックしてみて下さい。ここに挙げた情報サイトに関して、別ページにてより詳しくご紹介していきます。

関連記事