実務経験を積む

在宅ワークで安定した収入を得続けるにも、キャリアアップをしていくにも、お仕事の数をこなして長期的に経験を積んでいくことが求められます。継続して在宅ワークをしていく為には、何が求められるのでしょうか。

在宅ワーク、とりわけ実務経験の浅いうちは、単発の仕事が主だということは「在宅ワーカーのキャリアステップ」の項でお話ししました。つまり先々のお仕事を得ていくためには、単発の依頼できちんと評価されていく必要があります。

在宅ワーカーを続けるために必要な心構え

気ままな印象を持たれがちな在宅ワークですが、継続的にお仕事を得ていけるようなワーカーになるためにはしっかりとした心構えが重要です。

自由だからこそメリハリを

在宅ワークは時間と場所に縛られません。仕事に定時もありませんし、パジャマで仕事をしても誰にも咎められないでしょう。
自宅にいることができるからこそ、仕事とプライベートを切り替える気持ちの強さが重要です。
お仕事と監督者の目の届かない状況で自分を律するのは自分だけなのです。

コミュニケーション・マナーを大事に

人と対面することや集団の中で過ごすことを避けられることも在宅ワークの利点ですが、だからといって人とコミュニケーションを取らずに済むわけではありません。
むしろ、メールや電話などの限られた手段で、きちんと相手の意図を汲み取り自分の意図を伝えなくてはならないので、ビジネスマナーを基本としたコミュニケーション能力が必須です。

仕事のクオリティはもちろんですが、社会人としてどのような人にお仕事を依頼したいか、発注者の立場に立って考え、業務にあたりましょう。
一つ一つのお仕事を誠意をもって成功させていくことができれば、自ずと安定してお仕事を得られるようになり、順調に実務経験を積んでいけるはずです。

関連記事